特別養護老人ホーム みねの園様にて摂食・嚥下研修会開催

7月14日 上越市清里区にある特別養護老人ホーム みねの園様にて摂食・嚥下研修会を開催。高齢化が進む現在、老健施設等でサービスへの環境が著しく変化し、対応の仕方に差が生じている。今回、みねの園様におかれましても、職員様の情報共有を図るべく「高齢者の食事~摂食・嚥下~」についての研修を行っていただきました。(株)ヤクルト本社 管理栄養士による講義を実施し、現在、高齢書を取り巻く摂食・嚥下について説明させていただきました。実際に二人ペアになり、せんべい・水の飲み込みテストを体験していただき、喫食者の立場になって感じていただきました。参加者の多くは、高齢者の疑似体験を通し、食事介助をする上での注意点等を理解して頂けたと思っております。今後、さらに施設内で検討課題として、今回の研修を役立てていただきたいと思います。